Events
2010年11月17-19日 GATAシンポジウム 
5th International Symposium on GATA factors を開催しました。

2010年10月31日 
田口恵子助教の「ゴムノキの逆襲:ラテックスアレルギー」が日本薬学会 環境・衛生部会のホームページに掲載されました。

2010年10月29日 辛酉優秀学生賞 
大学院生の藤田理恵さんと長谷川敦史さんが辛酉優秀学生賞を受賞しました。

2010年10月24日 芋煮会 
仙台市七北田公園で芋煮会を行いました。

2010年9月8日 サッカー観戦 
ベガルタ仙台 vs ジュビロ磐田(ナビスコ準々決勝)

2010年6月17日 医化学分野 
全体写真を撮りました

2010年5月13日 歓迎会 
助教の宇留野先生、大学院生の千葉さん、福富さん、留学生のJORDIさんの歓迎会が行われました。

2010年3月30日 
D2の金子さんと小林さんが優秀学生賞を受賞。研究内容の紹介ポスターが情報掲示版に掲示してあります

2010年3月25日 学位記授与式 
博士2名(佐藤さん・高山さん)、修士4名(高井さん・長谷川さん・弘津さん・村上さん)、学士1名(籏谷さん)が修了しました。おめでとうございます。

2010年3月11日 基礎修練発表会 
11月から4ヶ月間、基礎研究に従事したU3石井くん・郷田くん・佐藤くんが発表しました。そのうち、Dr. Engel研 (ミシガン大学) で2ヶ月研究した郷田くんが最優秀賞を頂きました。

2010年2月21日 
東京都臨床医学総合研究所・小松雅明研究員らとの共同研究により、肝細胞がんや脳腫瘍で蓄積が確認されるタンパク質p62がKeap1と結合することで特定の酵素群が過剰に発現し、がん細胞の増殖に有利な環境をつくり出していることを発見しました。

Komatsu et al., The selective autophagy substrate p62 activates the stress responsive transcription factor Nrf2 through inactivation of Keap1. Nat Cell Biol. 2010 Mar;12(3):213-23

2010年1月27日 
産総研との共同研究により、Keap1ホモダイマーの3次元構造を決定しました
Ogura T, Tong KI, Mio K, Maruyama Y, Kurokawa H, Sato C, Yamamoto M. Keap1 is a forked-stem dimer structure with two large spheres enclosing the intervening, double glycine repeat, and C-terminal domains. PNAS, 2010

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
[編集]
CGI-design